オーストラリアのワーキングホリデーについて知る

オーストラリアでのワーキングホリデー中に、体調を崩したり、怪我をしたら、まずは一般開業医であるGP (General Practitioner)に行きましょう。

RSS 2.0

オーストラリアのワーキングホリデー中の健康管理

通常、ワーキングホリデービザでは、オーストラリアに12か月滞在をすることが許可されています。

このように、長期間、他の国に滞在する場合、最も重要となるのは、滞在中の健康管理です。

衛生面でも医療面でも高水準な国であるオーストラリアは、万が一、病気になったり、怪我をしてしまっても、日本と同レベルのケアを受けることができます。
しかし、医者にかかる上での流れが多少異なっているので、それを知っておくようにしましょう。

日本では、直接、眼科、耳鼻科、皮膚科、整形外科などといった専門医に見てもらうのが当たり前ですが、オーストラリアでは、まずは一般開業医であるGP (General Practitioner)に見てもらわなければなりません。

そこで専門医の治療が必要であると判断されると、紹介状を書いてもらい、指定された専門医を予約してから、受診することとなります。

★病状をしっかり説明出来る様に→《URL:https://www.aicjapan.jp/dormitory/

日本での国民健康保険や社会保険に該当するのが、メディケアと呼ばれるものです。

これは非永住者であるワーキングホリデーの人は「対象外」となっていますから、日本でしっかりと海外旅行傷害保険へ加入してくるようにしましょう。

また、オーストラリアでは、歯の治療は保険が効かないことから、かなりの高額となることがほとんどです。

海外旅行傷害保険においても、歯科医での治療費はカバーされていないことが多く、帰国してから、高額の治療費を請求されてしまったという話もよく聞きます。

高額治療費の請求を避ける為にも、出発前には、日本できちんと虫歯の治療をしておくようにしましょう。